在宅-ワーク.com
在宅-ワーク.com
ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金 利確とは?

仮想通貨の税金 利確とは?

2017年はビットコインの価格が年当初の1ビットコインが12万円程度だったものが12月には220万円まで高騰するという結果を受けて仮想通貨というものに注目が集まった年でした。このように価格が高騰するということはそれまで仮想通貨を所持していた人が莫大な利益を上げることができたということを意味し、税務当局からするとその莫大な利益に対して担税力を見出すということになるのです。では仮想通貨の税金はどのような仕組みとなっているのでしょうか


仮想通貨の価格差による利益については、国税庁から正式な見解が出されており、雑所得として処理することとされています。この雑所得は給与所得等でないその他の所得という位置づけで、雑所得を算出した後に給与所得等の他の所得と合算して総合課税されるというものです。そして所得税については累進課税されます。ですので給与所得が500万円で仮想通貨で1000万円の利益があったとすると1500万円をベースした所得税率が適用されてくるというものです。


ですので利益が上がったといって金を使っていると後で税金で痛い目を見ます。ただし、その1000万円の利益というものの考え方ですが、仮想通貨を所持している含み益の状況ではなくて、当該仮想通貨を日本円と交換する取引が成立した状態、すなわち利益確定した状態になって利益が出たと評価されることになっています。ですので利益確定をして利益額が把握できている場合には税金の計算を考えておいた方がよいのです。