在宅-ワーク.com
在宅-ワーク.com
ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨 暴落 1月16日の理由は?

仮想通貨 暴落 1月16日の理由は?

2018年1月16日から17日にかけて、仮想通貨であるビットコインが大暴落しました。ビットコインは、昨年後半にかけて、日常の話題に上るレベルでその価値が爆発的に高騰していた現象の反動もあって、市場に走った衝撃は大きく、今もってなおその水準までなかなか戻れないままになっています。


その大暴落の原因は一体どこにあったのか、ということを紐解いていきましょう。まず、沢山種類のある仮想通貨の中でもっとも大きな市場に膨らんでいたビットコインについて、日本だけでなく世界中でいっぺんに暴落した、その原因ですが。一つの要因は中国を始めとする各国の政府がその仮想通貨市場の信用・信頼性に対して懸念を持ち、法律で規制をかけようとした動きが見えた時期であったということ、さらに、具体的には他国への仮想通貨での送金を規制しようとする動きが欧州で発生したことなどが重なって、市場が混乱したことがポイントだったようです。


もともと国家を背負った通貨と違い、法整備が追い付いていなかった仮想通貨の存在や市場の在り方に対して、公的、国家的な権力が見せたのは概ね規制する方向の法律、制度の制定であることから、不安に思ったユーザーが堰を切ったように売りに出たことや、それらによって大きく価格が変動した時に自動的に取引を停止するためのサーキットブレーカーが作動したことにつながり、より一層不安をあおり、翌日17日の暴落へとさらに続いていったものと考えられるのです。