在宅-ワーク.com
在宅-ワーク.com
ホーム > blog > 有能な女性はどんどん社会に

有能な女性はどんどん社会に

有能な女性はどんどん社会に出ていって、 薔薇やユリのような大輪の花を咲かせて欲しいと思います。 しかし、可憐なスミレの花のように家庭の中でつつましく咲いている花があっても、 それはそれで美しいのだと思いませんか。 男性と同じようにバリバリ仕事をこなして、社会で活躍する女性が有能であるとか、 女性は家庭に入って夫を支えるのが一番幸福なのだとか、 どちらも極論だという気がしています。 薔薇のような生き方も、スミレのような生き方も、どちらも価値においては差はないと思うのです。 けれど、薔薇やスミレの花自身はというと、どうしても 「自分より向こうの方が美しいのではないか」ということが、 いつも気になってしまうものなのですね。 どちらが上とか下とか、どちらがより美しいかとか、比較することはできないはずなのに・・・。 スミレも薔薇も、それぞれに美しいはず。 それなのに、スミレが薔薇にあこがれて、 (なんて自分はみすぼらしいんだろう。あの大輪の薔薇のように咲き誇りたい) と思っている、そんな方を時々お見かけします。 もともと持っている「スミレとしての美しさ」に気づかずに (自分は醜い、みすぼらしい)と思い込んでいるスミレさんたちを見ると、 なぜその美しさに気づかないのだろうかと思ってしまうのは私だけでしょうか・・・。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加